出会い系サイトの攻略法

出会い系で200回デートした女性が本を出版。

投稿日:

けっこう前のニュースになるんですが、
インターネットの出会い系サイトを通じて、
約200回のデートをしてきたという女性(米国)が、
自身の体験を基にした本を出版したと言う話がありました。
本ではネット上での出会いや
恋愛の「落とし穴」などについて書かれているらしいです。
ジェーン・コロッキアさん(45才)は、
マンハッタンに住んでいた当時、
独身男性との出会いがないと感じていたが、
友人の1人がネット上で出会った男性と結婚したのを受け、
自身も出会い系サイトに登録することを決心。
その後の数年、
コロッキアさんには男性からのメールやメッセージが殺到し、
美しいと褒める内容もあれば、年齢や体重、結婚歴を偽る相手もおり、
コロッキアさんの相談相手になった男性もいたといいます。
(コロッキアさんそんなにビューティーウーマンなんでしょうか?^^
ま、基本的に出会い系では女性には男性からメール殺到しますけど!)

当初はネット上で出会った男性と実際に会うことには
神経質になっていたというコロッキアさんだが、
長年の経験から嘘の見破り方も学習したと話す。
結婚している男性は写真を掲載しない傾向が強く、
携帯電話の番号を教えず、
夜遅い時間にインスタントメッセージを送ることを好むと指摘する。
コロッキアさん曰く、
「人が出会い系サイトに行くには多くの理由がある。
寂しい人やインスタントメッセージをやり取りしたいだけの人もいれば、
友情を求めている人、結婚したい人や性交渉目的だけの人もいる。」
と指摘。
(早漏クンは主に、○○交渉目的です・・・ハイ!本能に忠実!)
そして実際にデートをする前に相手によく質問し、
プロフィールをよく読むようにアドバイスしている。
その上で、
現在はネット上で出会って交際1年半の恋人がいるコロッキアさんは、
「コンピュータースクリーンの陰から出てくる準備ができていない限り、本当の経験はできない。」
と語っている。
(なんかアメリカ人の発言いちいち格好イイんだよな~笑
チンコ!マ○コ!よし俺は今日本一くだらなく格好悪い!)

ちなみに、
アメリカでも出会い系サイト業界は現在も成長を続けており、
調査会社ジュピター・リサーチによると、
米国の業界全体の売上高は、
過去3年で約2倍の10億4000万ドル(約1080億円)に拡大し、
2012年までは年率16%で伸びると予想されています。
(実は出会い系サイトは外国の方が日本よりも利用者が多いそうです。)
この女性は、出会いも見つけその経験が出版にもつながった、
二つの意味での ”出会い系での成功例” と言えますね!
早漏クンもいつか出会い系本を出そうかな・・・
いや売れる予感ナシ!(笑)

優良出会い系アプリランキング!2016

本当に出会える優秀な出会い系アプリのランキング!2016
管理人が実際に試して出会えたアプリをランキングでご紹介します♪

1位 PCMAX

出会いSNS PCMAX(PCマックス)

会員数800万人!出会える系No1の出会い率と女性会員の多さ!
出会うためのコンテンツが充実しており、出会い目的の女性が大半です。
ポイント増量キャンペーン期間を狙えばコスト面も優秀!
登録は無料で、はじめに計1000円分のポイントがもらえます。
PCMAXは、現在一番出会える優良サイトだと思っています。

2位 2ショットチャット「ラブルーム」

2ショットチャットで唯一今でも会える「ラブルーム」!
タイミングが良ければ即アポも可能なのがチャットの利点!
完全無料で遊べるが、根気と運が必要です。

-出会い系サイトの攻略法

Copyright© であいけいサイト!おすすめセフレ募集選び , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.